読書週間

なので、いつもより少し多く本を読むことにしました。埼玉だけ?それとも全国的にそうなんだっけ?
今回読んだのは
〇神様のカルテ 夏川草介2・3

信州にある、365日24時間対応という地域医療を担う病院で働く若手医師:栗原一止。彼を取り巻く人間ドラマ。
ハデな海外ドラマとは違って、心臓が止まりそうな展開はないのだけれど。”あぁ、日本の病院ってこんな感じなのかな。”と思います。
なぜ365日24時間対応なのか知りたかったらぜひ読んでください。
信州の四季折々の風景と空気感の描写も素敵です。
映画化された、ベストセラー。今度DVDも観てみようかな。

〇クリスマスの森 ルイーズ ファティオ
お仕事の前に愛妻弁当を食べて心も体も温まり眠ってしまったサンタさん。
それを見た森の動物たちがサンタさんを助けようと頑張ります。

おなかいっぱいになったら寝ちゃうからお仕事の後に食べてねって言われたのに。帰ったら奥さんに怒られなかったかなぁ。→momoの感想です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts